ラヴァーレ独自の7大メリット/アロマセラピー資格取得学校 アロマスクール・ラヴァーレ/アロマセラピスト育成

夏にもおすすめです!

暑い日が続いていますね。今日は、暑い季節に使うと元気の出るスパイス類の精油についてご紹介したいと思います。

私はチャイが好きなのですが、あの甘くてスパイシーな香りに癒されて、飲むと元気になります。チャイはインドでよく飲まれているミルクティーですが、特にスパイスを使ったミルクティーをマサラチャイと言うようです。

スパイスは、血行を促進して、身体を温めてくれます。いつもの食べ物や飲み物に加えるだけ!とっても簡単に取り入れることができます。私は、お味噌汁に七味をかけたり、コーヒーに生姜パウダーを加えたりして楽しんでいます。

チャイに使われることの多いシナモン、ジンジャー、カルダモン、クローブなどは、アロマでもおなじみの精油ですね^^これらの精油も、身体を温めてくれて、香りを嗅ぐと元気になります。

「冷えは万病のもと」とも言いますが、冷えて血流が滞ると、脚や腰がだるくなったり、お腹の調子がすぐれなかったり、免疫力も下がったりしてしまいます。冬はもちろん、夏でも冷房や冷たい飲み物、食べ物で実は身体が冷えている方も多いのではないでしょうか。お腹や腰、脚を触ってひんやりしているなという方は、いつものブレンドにスパイス類の精油を加えてみてくださいね。入浴やトリートメントオイルに加えていただくのがおすすめです。

スパイス類の精油を使った入浴におすすめのレシピです。

バスミルク5~10mlにオレンジ・スイート3滴、ブラックペッパー1滴、ラベンダー・アングスティフォリア2滴。リラックスしながら、身体も温まり、疲れがとれて元気になりますよ。

まだまだ暑い日が続きますが、アロマで元気に夏を過ごしましょうね。

 

にしおか