ラヴァーレ独自の7大メリット/アロマセラピー資格取得学校 アロマスクール・ラヴァーレ/アロマセラピスト育成

スペアミント精油を使って作りました

「今日も暑いですね!マスクをしているからより暑く感じます…」こんな会話をする日が多くなりました。

梅雨入り間近とも言われていますので、元気に快適に過ごしていけるように対策しております。皆様はいかがですか?

スペアミント精油が入荷しましたので、早速注文しマスクスプレーや除菌スプレーを作りました。

免疫力アップ、リラックスの目的もプラスし、

ラヴィンツァラ 3滴

ラベンダーアングスティフォリア 5滴

スペアミント 2滴のブレンドで作ってみました。(20mlスプレー)

マスクの外側やお部屋にシュッとスプレーすると、ひんやりと涼しく感じますよ(^^)

暑い季節には、ペパーミントやアルベンシスミントのスッキリとした香りを使いたくなりますが、スペアミントの甘みを含んだ清涼感のある香りもおすすめです。歯磨き粉やガムの香りのイメージでしょうか。

 

湿度が高くなってくると肌から水分が蒸発しにくく、身体に湿気が溜まった状態になり、むくみやすくなるためオイルも作りました。こちらにはスペアミント、アルベンシスミント、ローズマリーベルべノン、レモンを入れました。こちらもひんやりとした感じがあり、暑い季節にも使いやすいです。(禁忌、注意事項に当てはまらないことをご確認してお使い下さい)

薄荷の歴史は古く、古来日本にも自生していたともいわれ、栽培は江戸時代から始まっていたそうです。

昭和30年代のピーク時は、世界の生産量の約7以上を占めたほどだったそうです。

様々な年代の方に慣れ親しんだ香りですので、これからは「ひんやり快適グッズ」「虫よけスプレー」など、様々な場所で薄荷やミント系のオイルなどを目にする機会が増えてくると思います。正しい使い方でトラブルなく使っていきたいですね。

 

すずき