ラヴァーレ独自の7大メリット/アロマセラピー資格取得学校 アロマスクール・ラヴァーレ/アロマセラピスト育成

ミイラ 『永遠の命』を求めて

こんにちわ

今回は国立科学博物館の

ミイラ『永遠の命』を求めて

に行ってきました。

ミイラと聞いて、アロマとの繋がりは何だろう?

と、思われる方もいるかもしれません…

そして、精油を学んでる方の中には、ピーン!!とくる方もいると思います。

そうです!

精油のミルラです。

「ミイラ」の語源は「ミルラ」と言われています。

 

エジプトでは神に芳香を捧げるなどの他にも、ミイラづくりにも使われていたのです。

 

今回のミイラ展では、ミルラやサフランなどを香料として香油を塗り、

タールやごま油、松やにを殺菌・防腐剤として、リネンに浸透させ包帯で巻いたなどの展示もありました。

また、脳を鼻から抜き出し、そこに樹脂を流し込むなどのビデオでの解説なども…

 

 

生々しいようですが、何千年もの歴史の中できれいに保存されているミイラをみると、

とても神秘的なイメージがしました。

ミイラづくりとアロマの関係性もとても深いなと…

つくづくミルラだけでなくキャリアオイルのごま油まで、気になってきてはしかたがありません。(笑)

 

アロマの歴史にも興味を持っていただけたら、嬉しいですね。

もっと精油への愛も深まるかもしれませんよ。

ミイラ展ぜひ興味のある方は、足を運んでみてくださいね。

 

いしだ