ラヴァーレ独自の7大メリット/アロマセラピー資格取得学校 アロマスクール・ラヴァーレ/アロマセラピスト育成

精油の香りの組み合わせ方

精油をブレンドする時に何を基準にされていますか?

好きな香り?効能?・・・いろいろだと思います。

出来上がりは自分のイメージする香りになっていますか?

 

その際にオススメなのが精油のノートです。

ノートとは精油の揮発速度のことです。

揮発速度が速いもの(トップノート)、中間のもの(ミドルノート)、遅いもの(ベースノート)の3種類に分けられます。

 

◆速いもの(トップノート)

トップノートに分類されるレモン、ラベンダーアングスティフォリア、ペパーミントです。

すぐに香りますが、香りがすぐになくなるのも特徴です。

主に柑橘系や葉から採れる精油です。

 

◆中間のもの(ミドルノート)

ミドルノートに分類されるマジョラム、ジュニパー、ゼラニウムエジプトです。

揮発速度はトップとベースの中間です。

主に花やスパイスから採れる精油です。

 

◆遅いもの(べースノート)

ベースノートに分類されるサンダルウッド、ミルラ、ベンゾインです。

香りだちが遅くゆっくりと香ります。

主に木や樹液から採れる精油です。

 

精油をブレンドする際にこの精油ノートを考えて組み合わせると、バランスの良い香りに仕上がります。

そして、精油は1種類で使用するよりも2~3種類など種類を組み合わせて使用する方が相乗効果を発揮すると言われています。

 

バスオイルを使用した入浴剤を作成しました。

バスオイル・・・15ml

オレンジスイート 2滴

マージョラム   3滴

イランイラン   2滴

ゆっくり湯舟に使って身体を温めたいと思います。

 

よしの