ラヴァーレ独自の7大メリット/アロマセラピー資格取得学校 アロマスクール・ラヴァーレ/アロマセラピスト育成

ツツジ科

自宅の最寄り駅そばの広場は今ツツジの花が真っ盛りです。

4月に桜が散ったあと、5月間近からツツジが咲き誇るようになると、

もう初夏の雰囲気。1年ははやいですね。

 

さて、ツツジと聞くと精油でよく知られているのはウインターグリーンです。

嗅げばたいていの方が「ああ!知ってる」と思う匂い、

そう、湿布の匂いですね。

香りを嗅ぐだけでもなんとなく肩こりが和らぎそうな匂いです。

 

精油を原料となる植物の科で分類してみると共通性が見えたりして面白いのですが、

時々意外な精油が科としてはお仲間、ということもあります。

ツツジ科の植物から採れる精油にはウインターグリーンのほかには

ラブラドルディやシャクナゲがあります。

それぞれ匂いも、成分も、期待できるはたらきも個性的です。

 

ラブラドルディはあまり耳馴染みのない精油かもしれません。

アメリカやカナダに多く見られる木で白い花を咲かせます。

精油は葉付き小枝から採られ、かすかな苦みのあるハーブ調の香り。

肝臓のはたらきを助けてくれると言われています。

 

シャクナゲは日本でも見られる鮮やかなピンクや白の花を咲かせる植物ですが、

今回ラヴァーレでご紹介しているシャクナゲ精油はネパール産のシャクナゲです。

ネパールの国花として国旗の色のモチーフにもなっているシャクナゲ。

精油は花の煌びやかさそのままの花の甘さを感じさせる精油です。

シンプルに芳香として楽しみたい香りです。

 

個性的な香りの組み合わせではありますが、

同じ科同士のブレンドも良いですね。

 

シャクナゲ 3滴

ウインターグリーン 1滴

ラブラドルディ 2滴

ミルクローション10ml

 

お休み中の心身の疲れを癒しつつ、明日へのやる気も出してくれる

ボディローションです!

疲れの気になる肩やふくらはぎに、

また食べ過ぎが気になる方はお腹まわりの優しいトリートメントに

ピッタリです。

 

長かった連休も今日まで。

たくさんお休みを満喫された方も、連休中もお仕事頑張りました!という方も、

アロマで疲れを和らげて、5月も元気で!

 

 

まつがえ