ラヴァーレ独自の7大メリット/アロマセラピー資格取得学校 アロマスクール・ラヴァーレ/アロマセラピスト育成

香りの楽しみ

JAA受験のみなさま、昨日はテストおつかれさまでした!

いつもながらテストに臨むみなさんの緊張感たっぷりな表情をみて、

テストへの意気込みを感じました。

嬉しい結果が届くのが楽しみです。

 

さて、JAAの講座を終えた皆さんに伺うと、

これまでのレッスンでのクラフトで「楽しかった!」という

ご感想を多く頂くのが『香水作り』です。

日頃アロマセラピーでの精油の心身への作用について学ぶと

クラフトでも「目的重視!」「作用重視!」

「禁忌注意!」とちょっと肩に力の入った精油のチョイスに

なることもままあります。

でもやっぱりアロマは何をおいてもまず香り、です。

いろんな精油を組み合わせて、自分好みの香水を作るのが

人気なのもよくわかります。

 

そんな楽しみをご紹介するべく、今池袋校のクラフトは

「秋の練り香水」です。

(右がプラナロム、左がyuicaです。)

 

プラナロムの西洋の香りと、yuicaの和の香りの2タイプを

作ってみました。

 

特にプラナロムで今回ポイントにしたのはベンゾイン。

バニラを思わせる甘い香りです。

秋はどっしりとした重めのスイーツが食べたくなる季節なので、

秋スイーツをイメージしています。

 

 

練り香水はエタノールでつくる香水よりもピンポイントで、

ご自分でふんわりと香りを楽しむのにぴったりです。

ファーナスオイルも入っていますので、もちろん

指先の保湿としても使えますよ。

 

実際の香りはぜひ、池袋校で試してみて下さいね!

 

 

 

まつがえ