ラヴァーレ独自の7大メリット/アロマセラピー資格取得学校 アロマスクール・ラヴァーレ/アロマセラピスト育成

夢を叶えた卒業生たち

渡辺直子様

癒しのひとときを堪能していただきたい

プライベートサロン fuwari naokodo 経営渡辺直子さま

アロマセラピーに興味を持ったきっかけ

テレビかラジオで偶然アロマ特集があって印象に残り、急にアロマが気になったんです。
「降りてきた」という表現が一番合っていると思います。

ラヴァーレで学ぼうと決めた理由

いくつか他のスクールの資料を取り寄せましたが、電話がしつこかったり、資料を見ても資格取得後の道が決められているようで窮屈に感じてしまいました。
しかし、ラヴァーレはいろいろな可能性を示してくれて、俳優の仕事との両立をイメージしやすかったんです。
資料を取り寄せた際は手書きのお手紙が来て、とても丁寧な印象を受けました。その後、実際に無料体験に行ってみたらとても居心地が良かったので、安心してラヴァーレに決めました。

店内写真

サロンオープンまでの道のり

私がアロマトリートメントの勉強をしていることを周囲の方々に話していたら、震災復興イベントへのサロン出店に 声をかけて頂き、早くもアロマセラピストデビューとなりました。
舞台制作の経験を生かし、演出家の友人にお店のレイアウトを手伝ってもらうこともでき、今までの人脈がここに繋がり始めました。仲間と作り上げたアロマサロンで、精油をボックスにいれてディスプレイしておいたところ、 精油やアロマの知識をお持ちのお客様は「ちゃんとプラナロム社の精油使ってるんですね」と、ケモタイプ精油をわかってくださりました。お客様からの何気ないそんな一言が、しっかりとアロマセラピーを勉強しておいて本当に良かったと、私自身に確信を持たせて頂ける本当に嬉しい瞬間でした。
俳優仲間へのフットトリートメント、復興イベントでのアロマサロン経験などを経て、この仕事のやりがいを心から感じた私は、自分自身でプライベートアロマサロンを立ち上げたいという気持ちが強くなり始めたのです。
縁というのは不思議なもので、復興イベントには他業種の有名クリエイターさんや、独立開業されている方が多く出店され、多くの出会いに恵まれました。そこで知り合ったグラフィックデザイナーの方に、今、私の夢の第一歩であるアロマサロン「fuwari naokodo」のロゴを誠意で作っていただくことができました!本当にありがたいです!大切に使っていきたいと思います。
東日本大震災があったことで、「心のケア」が必要になってきますし、踏み込みにくい分野だからこそアロマセラピストが必要なんだと思います。今後もお金儲けではなく、可能性と人との繋がりを(お互いの得意分野を活かせるように)広げていきたいです。

一覧に戻る