ラヴァーレ独自の7大メリット/アロマセラピー資格取得学校 アロマスクール・ラヴァーレ/アロマセラピスト育成

ラベンダーって。

先週末にかけて平昌オリンピック、日本代表はメダルラッシュですね!

この喜びをブログで書ける私は幸せモノです♪

長野五輪以来のメダル獲得数になっているとか!

この数日、フィギュアスケートの羽生選手、宇野選手の演技に心動かされ、

スピードスケートの小平奈緒選手の滑りに手に汗握りました。

これまでの努力やら、周りの方のサポートがどれほどのものか・・・

と思うだけで涙が出ます。

まだこの後もメダル期待される選手が出場予定なので、

引き続き楽しみにしたいと思います。

 

 

さて、話は変わって。

アロマといえばラベンダー、ラベンダーといえばアロマ、

そんなイメージが定着しているラベンダー。なのですが。

(一般的にラベンダーの香り、と言われるのは正確に言うと

ラベンター・アングスティフォリアですね。)

レッスンに入ると結構な頻度で、

「私、実はラベンダーの匂い苦手で・・・」というお声を生徒様から伺います。

「誰もが大好き!万能精油、なんて言われてるから言っちゃダメかな?と

思ってたんですけど、この匂い、あんまり好きじゃないんですよね。」

 

・・・わかります。

いえ、私は今ラベンダー・アングスティフォリアは好ましい香りと思っていますが、

正直に言うと一周まわってまた好き、です。

 

 

アロマに出会う前、まだ無意識に石けんの香りで知った時にはいい匂い、と

思っていました。アロマを知ることになって、勉強も重ね、ラベンダーに多く

触れるようになったあるころから、

あまりいい匂いに感じなくなってきた時期がありました。

場合によっては、不快に思うようなこともありました。

嗅ぎ過ぎ?だったのか、体調に合わなかったのか、とにかく、

ダメな時期があったので、ラベンダーの匂いが苦手、という方の気持ちは私にもわかります。

 

ただここのところつくづく、

「ラベンダー・アングスティフォリアはいい人だ」と思うことが多くなりました。

(精油をつい擬人化してしまうことについてはまた別で書けたらと思います)

アロマでは精油を数種類ブレンドして使いますが、

ラベンダー・アングスティフォリアという人は、とても定番の組み合わせはもちろん、

少しクセのある人、とがった人、個性的なひと、いろんな人と調和して、

適度に個性も発揮して、全体をまとめて、幅広くいい仕事をし、しかも優しい。

本当にいいひとです。

ついでに言うとですが、1滴ずつ垂らすときにも速すぎず、遅すぎず、適度な速度で

ポタポタと落ちてくれるので、初心者の方もドキドキせずに使って頂けますよ(´∀`)♡。

 

池袋校で今置いているハンドソープとシアバターのハンドクリームには、

それぞれラベンダー・アングスティフォリアが入っていますが、

「ベーシックは、やっぱりいい香り」とご好評をいただいています。

もちろんだからと言ってもキライな匂い、不快な匂いを使うのはストレスですので、

無理に使う必要はないのですが、

ブレンドして、他の精油と調和させることで好きになるということも、

アロマテラピーの楽しさですね。

 

キライな匂いが、あるときふと好きになってた、も「アロマあるある」です。

苦手に思っている精油もレッスンで時々はかいでみてくださいね。

意外といいお付き合いができる人になるかもしれません。

 

まつがえ